So-net無料ブログ作成

ポンド円の動きを注視したいなー(2017年8月7日−11日) [FX]

今週(2017年8月7日−11日)のポンド円の動きを予想してみます。

ポンド円は月足で148.500のレジスタンスラインに押さえられて下落しているけど、2016年10月を起点にトレンドラインを引くと上昇トレンドを見ることが出来ちゃう。ただ、移動平均線は下向きなので、下向きの圧力が強そうかなー
週足を見ると月足と同じ形で上値148.500のレジスタンスラインが機能して、上昇トレンドラインも引けてるし。短期中期長期のMAは混線状態。上か下のどっちかに動いた方向に素直についていくのが無難かも。上だったら148.500のラインを超えたら、下なら138.500を割ったらかなー

MACDもゼロライン上を彷徨っている感じなので、そろそろ動いてきそうですね。現在のローソク足は長期MAの上に来てるのでMAで反発したら上に動いていくのかな。上昇勢いが強い印象があるかも。
どっちに動いても動いた方についていきますけど。

タグ:FX ポンド円
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

ポンド円の動きを見ていきたいかな [FX]

今週はポンド円の動きに注視しようかな。
2017年7月31日から8月4日でポンド円がわかりやすそうな気がする。

月足で148.500のレジスタンスで押さえられている。週足では短中長期のMAがもみ合い、MACDもゼロラインで収束している。トレンドラインは上向きで引けるので、トレンドは上昇方向に向いている印象を受けますね。レジスタンスの148.500を超えたら買いでエントリーしていきたいですね。
もしくは長期MAでサポートされたらリスクとって買いでもいいかも。

ポンド円は勢いに乗れると利益伸ばせるけど、急に方向転換するから怖いからなー
でもこのレジスタンスを超えると次のポイントまで利幅はあるから、注意してみていこう。


タグ:FX ポンド円
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ユーロドル買ったけどロスカットになった [FX]

7月14日に買ったユーロドルが直近のレジスタンスライン1.14500を超えてきた。
さらなる上昇を見越してホールドしてたけど、7月19日から雲行きが怪しくなった。

じんわりと下落して、今朝チャートを確認すると1.1500をサポートとして支えられている様子だった。
エントリー時に設定した逆指値を1.1500に上げて、ひとまず利益を確保。様子をみた。
すごく粘っていたけど、16時についにロスカット。

多少の利益が出たんで良しとした。

22時を過ぎてチャートを確認すると8時間足の20MAに反発する形で上昇していた。
もう少し逆指値の幅を持ったほうがよかったのか、上昇して下落前に利確した方がよかったか悩ましいが、個人的にはきちんと対応できたと思うかな。

タイミングと判断が難しいね。また次のチャンスを待つとします。

豪ドル円 88円まで到達できるか [FX]

豪ドル円は週足でレジスタンスラインの84.500を超えたため、さらなる上昇が見込まれます。
短期中期のMAが上向き、長期MAも横ばいから上向きになりそうな形、MACDも0ラインからゴールデンクロス発生で上昇圧力つよし。
週足の次のレジスタンスライン88円までの上昇を見込めそう。

週足.png

日足は6日連続陽線で上昇の勢いがあります。押し目チャンスがあればエントリーしたいですね。
来週は4時間足、8時間足、日足で押し目を狙っていきたいですね。
日足.png

8時間アシ.png

ドル円 105円超え [FX]

ドル円は昨日抑えられていた上値抵抗帯である105円を超えて、106円に抑えられている状態です。
上には長期の移動平均線が107円で控えており、これ以上の伸びは厳しいような印象もあります。
短期的に上昇の勢いですが、ここからの買いは注意が必要でしょうね。
かと言って売りも厳しいでしょうし、なんとも難しいですね。

ユーロドルは上値抵抗帯である1.1130を超えてきたので短期的には上昇の勢いがあるように感じますが、ローソク足は長期移動平均線の下でもみ合っているので、安易な買いは注意が必要でしょう。
上値抵抗帯は1.12000に控えているので、このラインで抑えられるかどうかがポイントになるでしょう。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ドル円 105円抵抗帯を超えず [FX]

ドル円は2手連続の陽線。2日で約4.5円の上昇で短期的には買いが強い印象です。
長期移動平均線は下向きでトレンドは下落なのでしょうが、売りでエントリーは様子見でしょう。
105円の抵抗帯を超えるかどうかがポイントですね。次は107円ですかね。

ユーロドルはもみ合っていて難しい形ですね。1.1120の抵抗帯を超えられずにいますが、ここから売りで入るのも難しい状況ですね。
中期移動平均線は下向き、長期移動平均線も下向きになりそうな形で下落方向が優勢と捉えることができます。MACDはゼロラインの下ですが、ゴールデンクロスになりそうな形から買いもあるかもしれません。
買いでエントリーするなら1.1120−30を超えるかどうかでしょう。売りなら1.1120−30に上値を抑えられたところ、もしくは1.1000の下値抵抗帯を割ったところでしょうね。

ユーロ円もドル円同様に2手連続の陽線から上昇しています。約5円の上昇ですから、短期の買いの強さを感じます。
現在、116.50の抵抗帯に上値を抑えられていますが、116.50を超えたら次の高値抵抗帯は120円まで見当たらないので買いでもいいかもしれません。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ドル円 堅調 ポンド円 133.20のラインを割るか [FX]

ドル円は7月1日に103.50−60のレジスタンスラインに抑えられて下落。
移動平均線は短期中期長期の3本が全て下向き。MACDもゼロラインの下でもみ合い。
英のEU離脱の大きな動きから一転した値動きを見せている相場ですが、買いでエントリーする理由も特にありません。売り目線で攻めるのが妥当でしょう。注意するポイントは101.30−40のサポートラインを割るかどうかでしょうか。

ユーロドルは下落圧力もありつつ、じわじわと上昇しています。
移動平均線は短期が上昇、中期が下落、長期が横ばい。なんとも判断しにくい形ですね。
こういう場合は無理なエントリーは控えた方がいいでしょう。
今後は長期の移動平均線の形がどっちの方向に動くかを見ていきます。

ポンド円は下落圧力が強い印象があります。
トレンドは移動平均線は3本全てが下向き。MACDもゼロラインの下で下向き。
下向きの力が働いているようです。15時以降は下落の勢いが増して、6月24日につけた安値133.20−30を割る勢いとなっています。133.20−30のサポートラインを割った場合はさらなる下落があるかもしれません。ただ、133.20のポイントから長い下ヒゲとなっているので、このポイントを割るのは厳しいかもしれません。このポイントを割ってきた場合は売りでエントリーしてもおもしろいかもしれません。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ドル円 動きなしのもみ合い [FX]

ドル円は先週の金曜日に下ヒゲ大陰線が印象的です。
トレンドは3本の移動平均線の全てが下向き。MACDもゼロラインの下で下落なので、下向き圧力が強いのが印象的です。
これからトレードする場合は売りで行くことになるでしょうが、現在は相場が荒れているので落ち着くまでは様子見に徹したほうがいいでしょうね。ひとまず買いの選択肢はなしです。

ユーロドルも先週の金曜日の大陰線で下向き圧力の強さを感じさせますが、長期移動平均線は若干の上向きになっています。MACDはゼロラインの下で下落。なんとも判断が難しいチャートをしています。
金曜日の大陰線から売り目線になるのでしょうが、あまり積極的なリスクは控えた方がいいでしょう。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ドル円 英国民投票を控えて [FX]

6月23日の英国民投票を控えて、値動きの少ない展開。
チャートを見ると、下落トレンドの中で昨日の陽線から下値を切り下げる流れは切れてますが、レジスタンスライン105.50−60を超えるかどうかポイントでしょう。
下値は103.50−60を割るかどうか。どちらにしてもついていきたいですね。

ユーロドルも拮抗状態です。上がっては下がり、下がっては上がる。方向感が掴めない状況です。
ひとまず大きな動きが出るまでは無理なトレードは控えて、様子見した方がよさそうです。3本の移動平均線は上向きなので、上昇トレンドということにはなるのでしょうがどう捉えてよいたわかりませんね。

ユーロ円も下落トレンドの中で多少の戻りはありますが、上値を切り上げる勢いはありません。
英国国民投票のための様子見展開が続いているので、今から無理なトレードをするより、様子見して今後の流れについていくようにした方がよさそうです。
ポジションを持っていない人は静観した方がいいでしょう。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ドル円 小反発 [FX]

ドル円、クロス円は窓開けスタート。
ドル円は約70pipsの窓開けがあった。一瞬、上昇圧力を感じさせる形でしたがその後はもみ合いを形成。
先週の方向感ですと、移動平均線は3本が全て下落、MACDもゼロラインの下で下落を継続。下落トレンドを継続中であると判断するのが妥当でしょう。
ただ、長期の移動平均線と実態線の乖離が大きくなってきているので多少の注意が必要かもしれません。しかし、買いで入るには難しい状況ですので、下がった所を売り攻めがいいでしょうね。

ユーロドルは先週の木曜日につけた下ヒゲが発生して相場を判断しにくい状況となっていますが、実際は長期移動平均線を乖離したら戻す形となり、要はもみ合い相場であると言えそうです。
買いでも売りでもエントリーするには厳しい相場です。あまり無理せず様子見してもいいような気もします。トレンドが出ている他の通貨ペアを見たほうがいいでしょう。

ユーロ円は先週の木曜日につけた陰線が印象的ですが、今日は約1円ほどの窓明けからもみ合いが続いています。トレンドは移動平均線が3本とも下落、MACDもゼロラインの下で下落してますので下落トレンドということで売りスタンスで行くのがいいでしょうね。実態線と長期移動平均線の乖離が大きくなっているので、多少の注意が必要でしょうが、トレンドは下向きなので行ける所まで売り攻めが無難なところでしょうね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。