So-net無料ブログ作成

ドル円 日銀金融政策決定会合より円急騰 [FX]

ドル円、クロス円は日銀の金融政策決定会合で金融緩和の見送りから円が急騰。
高値111.881から安値107.912の約3円ほどの円高。このタイミングでエントリーは厳しいですよね。
下値抵抗として107.626があるので、このラインを割るかどうかで売でエントリーするか見ていきたい。
円安の動きが出てきただけにこの急落のおかげでまた方向感がつかめなくなった。我慢のときですかね。

ユーロドルは月曜日から陽線が続き1.13269の抵抗帯を超えてきた。長期の移動平均線は上向きから上昇トレンドなのだが、チャートの形は高値を切り下げているので、下値リスクがある印象がある。買い目線でみると1.1400を超えるたら買いでエントリーしてもいいような気もする。でも売方向もある気もする。売で行くなら再度1.13200を割ったら売でエントリーしてもいいかなと思います。

ユーロ円も日銀金融政策決定会合より急騰。チャートとして日足の長期移動平均線に抑えられる形で下落。4月18日から続いた上昇を全て飲み込む形で下落した。しかし、122円の下値抵抗があるのでこの抵抗ラインを割るかを注視したい。トレンドは下落方向にあるので、売目線で122円を割ったら売エントリー。122円の抵抗ラインを割らなければ、下落トレンドは変わらないと思うので戻り売り狙いでせめていきたい。ひとまず124.500付近での反発があればいいかな。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ドル円 クロス円 小動き FOMC発表前 [FX]

FOMCの政策金利発表があり、ドル円、クロス円ともにあまり動きが見られていない。
ドル円は短期MAが上昇、中期MAが横ばい、長期MAが下向き。長期MAの向きを見る限りトレンドは下向きだが、ローソク足の印象から上昇しそうな雰囲気がある。MACDも上昇しているので、上方向の力が強くなりそうな形になってきている。ただ、日足の長期MAが113.40-50にあるので、ここを素直に超えてくれるかどうかが気になる。エントリーするなら買い目線で、直近高値111.80を超えたら買いエントリーしたい。指値は113.500あたりで様子を見たい。

ユーロドルは先週金曜日の陰線から下落の印象がついていたが、今週は3連続陽線の出現で方向感がつかめない。短期中期MAが横ばい、長期MAが上向き。トレンドは上昇方向なのだろうが今日は中期移動平均線の1.13328で抑えられているので、上値圧力が強い印象もある。このまま上値の更新ができなければ、下げ方向に勢いが出てくる可能性もあるので今のところは売目線でスタンバイ。
ただ、MACDがもうすぐゼロラインの上でゴールデンクロスになりそうな形でもある。MACDがゴールデンクロスになり、かつ抵抗帯である1.1130-40を超えたら買いでエントリーしよう。1.1400にも上値抵抗があるので、厳しいエントリーになるかもしれないが様子を見ていこう。

ユーロ円は短期MAは上向き、中期長期MAは下向き。ただ、先週末の陽線より上昇の流れが強くなっているように感じる。ユーロ円は月曜日に陰線だが、昨日と今日は陽線となって買いの流れがある。ただ、上に長期MAがあるので、このMAを超えるかを注目していきたい。長期MAを超えてきたら買いで攻めて行きたい。指値は次の上値抵抗は128円があるのでこのあたりで設定していきたい。

トレンドが出ないとうまく利益を出すことができない。このもみ合いの中でも多少利益を出せるトレードをしていきたい。でも余計なエントリーが増えるのはリスクも増えるし、難しいですね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ドル円 111円でサポート [FX]

ドル円は寄り付きで111.795円をつけて下落。111.00-10でサポートされ、もみ合っている。
日足では111円が抵抗帯としてあるので、この抵抗帯と中期の移動平均線で反発するかを見ていきたい。
長期の移動平均線は下向きだが、4月25日の大陽線の出現で下落トレンドの終了が見られる。
しばらくは買い目線で見ていくことが無難かな。

ユーロドルは長期の移動平均線は上向きだが、4月21日の上ヒゲの形成、そして4月22日の陰線の出現で下落の印象が強かったが今日は陽線となっている。チャートを見た感じだと下落の勢いがあるように感じるが、長期の移動平均線が上向き。どっちに行くかわからないので、しばらくは様子見でいこう。
ただ、雰囲気は下落の流れのような気もするので、直近の安値を割ったら売でエントリーしてもいい気もする。

ユーロ円は4月22日の陽線の出現で下落トレンドの流れが変化した印象を受ける。今日は125.530の高値から下落している。抵抗帯の124.60-70を陽線で超えたところを、今度はサポートラインとして機能したときは反発したところを押し目で狙っていきたい。現在は中期の移動平均線でサポートされている状態なので、明日まで割らなければ買い目線でみていきたい。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ドル円 111円超え [FX]

ドル円は月曜日に安値 107.839、金曜日に高値 111.806をつけた。
111円の抵抗帯を超えて陽線で引ける結果となった。
移動平均線は短期が上昇、中長期は下落。MACDはゼロラインの下で上昇しているが、ローソク足は長期の移動平均線の下で寄り付いているので、下落トレンドは変わりなしと判断。
ただ、111円と中期の移動平均線を超えたので短期的には買いの勢いが出てきている印象。中期の移動平均線で反発したら買いでエントリーしたい。次の指値の設定として114.445で狙っていきたい。

ユーロドルは木曜日に高値1.13986、金曜日は安値1.12183をつけた。木曜日に長い上ヒゲをつけて引けて、金曜日にそのまま下落している。短期のMAは下向き、中期は横向き、長期は上向き、MACDはゼロラインを割らないが下向きで下落の勢いが出てきた印象。
週足を見ると3本のMAは全て下向き、また1.1400の抵抗帯で抑えられて下落しているので下落のトレンドが出ている印象を受ける。やはり売でエントリーするのがよさそうだ。
直近安値の1.12183を割ったら売でエントリーしていきたい。指値のポイントとして1.11443、次のポイントとして1.10578付近を狙っていきたい。

ユーロ円は月曜日に安値121.712、金曜日に125.502をつけた。
移動平均線は短期は上向き、中長期は下向き、MACDはゼロラインの下でゴールデンクロスが発生している。金曜日に約2円の上昇をしているので、短期的に見ると買いが強い印象を受けるが、トレンドは下向きであることを注意したい。中期の移動平均線を超えたため、中期の移動平均線で反発したら買いで攻めていきたい。ただ、下落トレンドなので逃げ時は注意したい。

ポンド円は月曜日に安値152.527、金曜日に高値161.268をつけた。
移動平均線は短期が上向き、中期は横ばい、長期は下向き。MACDはゼロラインの下で上昇。158.40-50の抵抗帯を超えたため、トレンドは下落だが短期的には買いの勢いが出てきた印象。
日足の長期の移動平均線に近づいてきていることに注意したい。長期で反発して下落を確認できたら売で攻めていきたい。
買いでエントリーする場合は161.30-40を超えたら所を狙って、指値は163円、166円、175円のラインを狙っていきたい。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ドル円 110円超えず [ドル円]

ドル円は108.70-80の下値にぶつかり陽線引けして、109円後半までトライする形になった。
111円が抵抗帯として見られるので、この111円を超えるかどうかを注視していきたい。
ただ、トレンドの向きは下落なので買いでエントリーするより、反発してきたところをショートエントリーで入ったほうがトレンドの向きに合っているのでいいかなと思ってしまいます。
タグ:FX ドル円
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ドル円 もみ合い [FX]

ドル円は108.70-80のラインでサポートされてもみ合い、方向感がつかめない状態。
中期長期の移動平均線は下向きなので、下落トレンドは継続している。しかし、根拠のない個人的な感覚では上昇しそうな雰囲気を感じる。MACDもゼロラインの下だが、ゴールデンクロスが発生。
買い目線でみていきたい。111円を超えて来たあたりから買いで狙っていきたい。

ユーロドルは4日連続の陽線。3本の移動平均線も上昇し、買いの勢いが出ている。MACDもゼロラインの上でゴールデンクロスになりそうな雰囲気を醸し出す微妙な形。ゴールデンクロスが発生するまではエントリーは控えたほうがよさそう。ユーロドルは上昇トレンドのため、買いで入りたいがレジスタンスラインとして1.1460-70を超えてから入っていきたい。
週足を見るとローソク足が長期の移動平均線を上に抜けてきたので、これから買いが集まってくる雰囲気も感じる。レジスタンスラインを超えたら買いでついていきたい。

ユーロ円は16時に安値123.537をつけて上昇、買いの勢いを感じさせる形となっている。トレンドは下落のため、買いでエントリーするには少し迷ってくるが昨日の高値124.439を超えてきたら買いで入ってもいいかなと思いながら、でも躊躇しそうな感じ。こんなときは無理しないことも必要。やっぱり様子見にしよう。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ドル円 小幅続伸 ユーロ円週足 20MAで下落トレンド [FX]

ドル円は昨日の安値107.80-90をつけて、今日は109円台で寄り付いている。
現時点で中期長期の移動平均線は下向きのため、下落トレンドが継続中のため買いでエントリーするにはまだまだ厳しい。111円を超えて中期の移動平均線を上に抜けてきたら買い目線でいきたい。
MACDはゼロラインの下でゴールデンクロスが発生しているので、多少の戻りはあると思う。
でも、売でエントリーするにも次は107円を割ってからになるので自分の感覚的なところではこれ以上の下落はあるのかどうか疑問に思ってしまうところがある。
どんな状況でもトレードルールに従ってやっていくしかないのかな。

ユーロドルは4月13日に発生した大きな陰線により、下落の勢いを印象つけたが、中期長期の移動平均線は上向きのため、上昇トレンドは変わりない。直近高値1.13318を超えてきたので買いの勢いが出てきた印象がある。ユーロドルはトレンドの流れに沿っているので買いでエントリーしやすい。

ユーロ円は昨日の安値121.712をつけて上昇。ただ中期長期の移動平均線は下向きのため買いでエントリーはまだ厳しい状況だ。ひとまず125円を超えて、中期の移動平均線を超えた所から買い目線でみていきたい。
今日ふとユーロ円の週足のチャートを見たところ、20MAにきれい抑えられて下落していた。ただ、このチャートを見て上手くエントリーできたかわからない。この動きもいずれ終わるだろうし、今のトレンドについていくしかないですよね。

週足.png
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ドル円 反落 窓開けスタート  [ドル円]

今日のドル円は約60pipsほど下に窓を開けてスタートした。
先週月曜日に安値107.626、金曜日に高値109.734をつけてその後反落。下落トレンドの中、下に窓を開けてスタートしたので売の勢いが強い印象がある。
今後、107.626の抵抗帯を割ってきたときはさらに売でエントリーしていきたい。
ただ、MACDはゼロラインの下でゴールデンクロスが発生しかけているので、一旦は様子を見たほうがいいかもしれないと思ってしまう。


タグ:FX 投資 ドル円
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ドル円 109.734から反発 [FX]

ドル円はIMFラガルド専務理事の「過剰な変動の場合は日本の介入が正当化される可能性がある」との発言よりドル円は堅調な動きになっている。日経も上昇。
ドル円は月曜日に安値107.626をつけて上昇し、今日は109.734の高値をつけて反落。5MAに支えられている状態。中期長期の移動平均線は下向き、短期の移動平均線は3日連続の陽線から上向きに変わっている。ただ、111円の抵抗帯まで届かず反落しているので、買いよりも売り圧力の方が強い印象。ドル買いに行くにはまだ勢いが足りない。MACDはゼロラインの下でゴールデンクロスが発生しそうな形になるため、ひとまず売りの流れは一服するかもしれない。
ドル円は買いでエントリーする場合は111円の抵抗帯を超えるか、売りでエントリーする場合は107円を割るかを注意して見ていきたい。

ユーロドルは火曜日に高値1.14643をつけて、水曜日に抵抗帯である1.13269を割って1.12678をつけた。9日間のもみ合いのあと約2円あたり下落した。短期中期の移動平均線は下向きになったが、長期の移動平均線は上向きのため、まだ上昇トレンドは続いていると思う。
ユーロドルは買いエントリーは抵抗帯である1.13269を超えたとき、売りでエントリーは直近安値1.12339を割ったところをエントリーしたいが、長期の移動平均線は上向きのため逆張りになる。よって早めの撤退も考慮しておいたほうがいいと思う。長期的には買い目線でいたい。

ユーロ円はドル円と違い円安の動きになりことはなかった。抵抗帯である122.549にサポートされて、もみ合いを形成している。短期の移動平均線は横向き、中期長期の移動平均線は下向きのため売り圧力が強い。ユーロ円は買いでエントリーするには、124.229円を超えて中期の移動平均線も超えたら買いでエントリーポイントを見ていきたい。売りでエントリーする場合は122円を割ったときは売りで攻めていきたい。122円を割って売りでエントリーした場合、指値は月足の次の抵抗帯である119円に設定していこうと思う。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ドル円 下げ渋り [FX]

ドル円は月曜日に高値111.798をつけ木曜日に安値107.655をつけた。
3本の移動平均線は全て下向き、111円の抵抗帯を抜け、下落の勢いがさらに出てきた印象。
MACDもゼロラインの下でデッドクロスを発生。下落の勢いを後押ししている。
今週も引き続き売り目線で向かったほうがよさそう。
今日のドル円は107.626の安値をつけて反発している。今回つけた安値107.626円を割ったら下落の流れについていきたい。105円を目処にエントリーしていきたい。

ユーロ円もドル円と同様に月曜日に高値をつけ、木曜日に大きい陰線により安値をつけている。
移動平均線も3本全てが下向き、MACDもデッドクロスが発生し下落の勢いが出てきた印象。
ただ、122.00-10の抵抗帯を割るまでに至ってないので、まだ安心できる状況ではない気もする。
122円を割ったら売りでエントリーしていきたい。122円を割った場合、次は119円を目処に指値を設定したい。今日は様子見でいったほうがよさそう。

ポンド円もドル円ユーロ円同様に下値抵抗帯を抜け、下落の勢いが強くなっているが長期の移動平均線との乖離も大きいため、戻りの大きさにも注意した方がいいような気もする。しかし、トレンドは下向きなので、下値の抵抗帯を割ったら売りエントリーで付いていくほうが無難だろう。
素直にトレンドの向きについていく方がいいだろう。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。