So-net無料ブログ作成

ドル円 105円抵抗帯を超えず [FX]

スポンサーリンク




ドル円は2手連続の陽線。2日で約4.5円の上昇で短期的には買いが強い印象です。
長期移動平均線は下向きでトレンドは下落なのでしょうが、売りでエントリーは様子見でしょう。
105円の抵抗帯を超えるかどうかがポイントですね。次は107円ですかね。

ユーロドルはもみ合っていて難しい形ですね。1.1120の抵抗帯を超えられずにいますが、ここから売りで入るのも難しい状況ですね。
中期移動平均線は下向き、長期移動平均線も下向きになりそうな形で下落方向が優勢と捉えることができます。MACDはゼロラインの下ですが、ゴールデンクロスになりそうな形から買いもあるかもしれません。
買いでエントリーするなら1.1120−30を超えるかどうかでしょう。売りなら1.1120−30に上値を抑えられたところ、もしくは1.1000の下値抵抗帯を割ったところでしょうね。

ユーロ円もドル円同様に2手連続の陽線から上昇しています。約5円の上昇ですから、短期の買いの強さを感じます。
現在、116.50の抵抗帯に上値を抑えられていますが、116.50を超えたら次の高値抵抗帯は120円まで見当たらないので買いでもいいかもしれません。



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。