So-net無料ブログ作成

ドル円 堅調 ポンド円 133.20のラインを割るか [FX]

スポンサーリンク




ドル円は7月1日に103.50−60のレジスタンスラインに抑えられて下落。
移動平均線は短期中期長期の3本が全て下向き。MACDもゼロラインの下でもみ合い。
英のEU離脱の大きな動きから一転した値動きを見せている相場ですが、買いでエントリーする理由も特にありません。売り目線で攻めるのが妥当でしょう。注意するポイントは101.30−40のサポートラインを割るかどうかでしょうか。

ユーロドルは下落圧力もありつつ、じわじわと上昇しています。
移動平均線は短期が上昇、中期が下落、長期が横ばい。なんとも判断しにくい形ですね。
こういう場合は無理なエントリーは控えた方がいいでしょう。
今後は長期の移動平均線の形がどっちの方向に動くかを見ていきます。

ポンド円は下落圧力が強い印象があります。
トレンドは移動平均線は3本全てが下向き。MACDもゼロラインの下で下向き。
下向きの力が働いているようです。15時以降は下落の勢いが増して、6月24日につけた安値133.20−30を割る勢いとなっています。133.20−30のサポートラインを割った場合はさらなる下落があるかもしれません。ただ、133.20のポイントから長い下ヒゲとなっているので、このポイントを割るのは厳しいかもしれません。このポイントを割ってきた場合は売りでエントリーしてもおもしろいかもしれません。




スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。